ストレスチェック集団分析報告書のご案内

当協会は、ストレスチェック制度を契機とした職場改善へのお取り組みをお奨めしております。JSRAストレスチェック制度では、職場全体と職場ごとのストレス状況や傾向が把握できるレポートをご提出致します。

別途、当協会提携機関によるストレスチェック実施後のラインケア、セルフケア研修等のご提供も可能です。お気軽にお問い合わせください。

集団分析報告書の内容

ストレスチェック集団分析

JSRAストレスチェック業務支援サービスでは、

の2種類のレポート作成し、ストレスチェックの目的の一つである職場環境改善のお取り組みへの検討材料をご提供しております。

 

※集団分析報告書のご提出に追加料金は不要です。

ストレスチェック集団分析①:職場のストレス傾向診断

職場のストレス傾向診断
  • 当レポートは、全社単位でのストレス傾向把握に有効です。
  • ストレッサー(仕事のストレス要因)やストレス反応等が、大きく発生している人数や、それが職場全体のうち、どの程度発生しているかや全国平均値との比較が可能なレポートです。

ストレスチェック集団分析②:仕事のストレス判定図

仕事のストレス判定図
  • 当レポートは、個々の部署(名簿ファイルご提出時にご指定頂く集団分析区分単位)の、仕事の量的負担や裁量度、上司・同僚間の支援度状況、および健康リスクが確認できます。
  • 全国平均との比較も可能で、課題をすぐに確認することが可能です。

仕事のストレス判定図とは?

「仕事のストレス判定図」は、職場や作業グループなどの集団を対象として目にみえない仕事上のストレス要因を評価し、それが従業員様の健康にどの程度影響を与えているかを判定するために開発されたツールです。当判定図は、職業性ストレス簡易調査票が公開された当時より使用されている、非常にポピュラーで評判の高い集団分析ツールです。ストレスチェック終了後の職場環境改善の取り組みとして、健康リスクの高い部署、または量的負担の高い部署といった仕事や健康に関して要注意である部署からフォローを行なうといった、現状把握と仮説立ての参考資料としてご活用頂くことが可能です。

仕事のストレス判定図の特長

誰でも簡単に使用でき、ある職場のストレスの大きさを、全国2.5万人の労働者の平均と比較して判定することができます。また、ストレスの大小だけでなく、そのための健康リスクも知ることができるため対策の必要性の判断や優先順位をつけやすいツールです。

分析区分は自由にお決め頂けます

「仕事のストレス判定図」は概ね、20名以上を分析対象として指定することが望ましいとされています。当サービスでは、実際の所属部署名とは別に「集団分析用区分」をご提出頂くことで、ご任意の区分ごとでレポートを作成、ご提出致します。

仕事のストレス判定図の説明
クリックで拡大します

カウンセラーによるストレスチェック事後フォローオプションのご案内

当協会連携機関所属のカウンセラーが、下記の様なストレスチェック後のサポートをご提供することも可能です。お気軽にお問い合わせください。

  • 【管理職向け】集団分析研修…主にレポートの見方等についてレクチャを行います
  • 【管理職向け】職場改善アドバイス…部下を持つ管理職様からの相談とアドバイスを行います
  • 【事業所向け】職場面談…集団分析でハイリスクと判定された事業所に、各種ヒアリングを行います

(現在、上記単体のご提供は致しかねます。予めご了承の程、お願い申し上げます。)

他社サービスご利用の事業者様へ(集団分析サポートサービス)

集団分析サポート

集団分析結果・・・

  そのままにされていませんか??

 

当協会では、他社ストレスチェックサービスをご利用になられた事業者様へ集団分析を支援する『集団分析サポートサービス』をご提供しております。お気軽にご相談ください。

 

※2016年度以前にJSRAストレスチェック業務支援サービスをご利用頂いたお客様には無償で新たな様式によるレポートをご提出致します。弊会コンサルタントまでお気軽にお申し付けください。

資料請求・お問い合わせ


資料・お見積りのご依頼

■事業者様ご相談窓口

日本ストレス調査協会 本部事務局

0120-947-096

平日10時~17時(祝祭日除く)

ストレス調査協会のご案内

■協会概要

イメージキャラクター

ちぇっくん


■採用情報

■加盟団体

職業性ストレス簡易調査票の解説
ストレスチェック制度導入ガイド
日本ストレス調査協会は、”職場のいじめ・嫌がらせ問題の予防・解決に向けたポータルサイト「あかるい職場応援団」”に賛同します。
日本ストレス調査協会は「あしたの健保プロジェクト」に賛同します。