2. 職業性ストレス簡易調査票の特徴

ストレスチェック業務支援サービス

■お知らせ
当協会では、18年春より『新職業性ストレス簡易調査票(80問式)』のご提供を開始致します。
詳細は当協会事務局までお問い合わせください。

職業性ストレス簡易調査票の特徴

職業性ストレス簡易調査票の主な特徴をご紹介しています。

職業性ストレス簡易調査票とは

多軸的な検査が可能

職業性ストレス簡易調査票は、ストレス反応だけでなく、仕事上のストレスの要因、それに伴う反応、及び修飾要因が同時に測定できる多軸的な調査票です。非常にポピュラーで評判の高いストレスチェック方法です。

身体愁訴も測定

ストレス反応では、心理的な反応だけではでなく身体的な反応(身体愁訴)も測定可能です。

ポジティブな反応も評価

心理的ストレス反応では、ネガティブな反応だけではでなくポジティブな反応も評価できることも特徴です。

業種を選ばない

職業性ストレス簡易調査票は、あらゆる業種で使用することができます。

簡単で簡便に検査が可能

項目数が57項目で所要時間が約10分と、回答者や職場に負担が掛からず簡便に使用できます。

資料・お見積りのご依頼

■事業者様ご相談窓口

日本ストレス調査協会 本部事務局

0120-947-096

平日10時~17時(祝祭日除く)

ストレス調査協会のご案内

■協会概要

イメージキャラクター

ちぇっくん


■採用情報

■加盟団体

職業性ストレス簡易調査票の解説
ストレスチェック制度導入ガイド
日本ストレス調査協会は、”職場のいじめ・嫌がらせ問題の予防・解決に向けたポータルサイト「あかるい職場応援団」”に賛同します。
日本ストレス調査協会は「あしたの健保プロジェクト」に賛同します。