実施事務従事者と実務担当者様選任のお願い

当サービスにおきましては、下記の通り、実施事務担当者様と実務担当者様の選任をお願いしております。特に実施事務従事者には、選任基準が詳細に定められます。詳細は当協会担当者までお問い合わせください。

実施事務従事者、実務担当者のちがいと選任基準

実施事務従事者とは

新制度では「調査票の回収、集計若しくは入力又は受検者との連絡調整等の実施の事務については、必ずしも実施者が直接行う必要はなく、実施事務従事者に行わせることができる。事業者は、実施の事務が円滑に行われるよう、実施事務従事者の選任等必要な措置を講じるものとする」とされています。

【選任の基準】

 

  1. ストレスチェックを受検される従業員様に対して、人事権を有していない方であること。
    (この場合の人事権とは、解雇、昇進、異動等に関して直接の権限を持つ監督的地位のある方を指します。)
  2. 人事担当部署の従業員様が選任される場合、実施の事務に携わることで知り得た従業員様の秘密を他者(所属部署の上長を含む)に漏らさないなど、個人情報の厳格な管理が必要であること。
    (この場合あくまでも実施者の指示のもとでストレスチェックの実施事務に携わるのであり、この事務について、所属部署の指示系統を受けて行うものではないことを実施方針等で趣旨を十分に周知することが適当です。)

当協会では、実施事務従事者の選任基準として上記人事権を有しない方であることの他、何らかの人事評価に携わることのない方、および、守秘義務を厳格に守ることができる方(例えば他部署の管理職から「部下の結果が見たい」といった依頼をお断りできる方)の2つの条件も含めて選任のご検討をお奨めしています。

実務担当者とは

新制度では「事業者は、実施に当たって、実施計画の策定、当該事業場の産業医等の実施者又は委託先の外部機関との連絡調整及び実施計画に基づく実施の管理等の実務を担当する者を指名する等、実施体制を整備することが望ましい」とされています。

【選任の基準】

 

  • 「衛生管理者又はメンタルヘルス指針に規定する事業場内メンタルヘルス推進担当者を指名することが望ましいが、ストレスチェックの実施そのものを担当する実施者及びその他の実施事務従事者と異なり、ストレスチェック結果等の個人情報を取り扱わないため、労働者の解雇等に関して直接の権限を持つ監督的地位にある者を指名することもできる。」とされています(厚生労働省「 心理的な負担の程度を把握するための検査及び面接指導の実施並びに面接指導結果に基づき業者が講ずべき措置に関する指針(2015/4/15)」より)

当サービスにて、実施事務従事者様・実務担当者様にお願いする業務について

実施事務従事者、実務担当者共に、実施計画や社内規程での定めと従業員様への周知をお奨めします。

資料・お見積りのご依頼

■事業者様ご相談窓口

日本ストレス調査協会 本部事務局

0120-947-096

平日10時~17時(祝祭日除く)

ストレス調査協会のご案内

■協会概要

イメージキャラクター

ちぇっくん


■採用情報

■加盟団体

職業性ストレス簡易調査票の解説
ストレスチェック制度導入ガイド
日本ストレス調査協会は、”職場のいじめ・嫌がらせ問題の予防・解決に向けたポータルサイト「あかるい職場応援団」”に賛同します。
日本ストレス調査協会は「あしたの健保プロジェクト」に賛同します。