ストレスチェック制度規程の整備

ストレスチェック制度準備ガイド|社内規程の策定

ストレスチェック制度の実行においては、特に高ストレス者への面接指導や就業上の措置に関する定めはをはじめ、社内規程の整備と運用が不可欠です。当ページでは、平成27年9月30日に厚生労働省より公開されたストレスチェック制度に関する社内規程例のWord版と検討すべき点を日本ストレス調査協会が備考として付記した資料をご提供しております。

ストレスチェック制度規程例(Word形式・JSRA情報追加版)

ストレスチェック規程例

当資料をご利用になる際は、下記のご注意をご確認の上、ご活用ください。

※当JSRAストレスチェック業務支援サービスを御用命の際は、内容を当サービスの仕様・内容に変更したひな形を別途ご用意しております。コンサルタントまでお問い合わせください。

免責

厚生労働省発表による規程案内容、および日本ストレス調査協会によるコメントについては法令や指針、その他ガイドライン等に沿って記載しておりますが、事業者様のご判断と自己責任にて実際のご活用やご利用を頂き、当協会は一切の責を負いかねることに同意ください。

ダウンロード

ストレスチェック制度規程例(Word形式・JSRA情報追加版).rtf
テキスト文書 366.4 KB

2017/2/20更新


当ガイド記載の規程項目(検討、作成すべき規程)

  • 規程の目的・変更手続き・周知
  • 適用範囲
  • 制度の趣旨等の周知
  • ストレスチェック制度担当者
  • ストレスチェックの実施者
  • ストレスチェックの実施事務従事者
  • 面接指導の実施者
  • ストレスチェックの実施時期
  • ストレスチェックの対象者
  • 受検の方法等
  • 調査票及び方法
  • ストレスの程度の評価方法・高ストレス者の選定方法
  • ストレスチェック結果の通知方法
  • セルフケア
  • 会社への結果提供に関する同意の取得方法
  • ストレスチェックを受けるのに要する時間の賃金の取扱い
  • 面接指導の申出の方法
  • 面接指導の実施方法
  • 面接指導結果に基づく医師の意見聴取方法
  • 面接指導結果を踏まえた措置の実施方法
  • 面接指導を受けるのに要する時間の賃金の取扱い
  • 集計・分析の対象集団
  • 集計・分析の方法
  • 集計・分析結果の利用方法
  • ストレスチェック結果の記録の保存担当者
  • ストレスチェック結果の記録の保存期間・保存場所
  • ストレスチェック結果の記録の保存に関するセキュリティの確保
  • 事業者に提供されたストレスチェック結果・面接指導結果の保存方法
  • ストレスチェック結果の共有範囲
  • 面接指導結果の共有範囲
  • 集団ごとの集計・分析結果の共有範囲
  • 健康情報の取扱いの範囲
  • 情報開示等の手続き
  • 苦情申し立ての手続き
  • 守秘義務
  • 会社が行わない行為
  • 施行期日

資料・お見積りのご依頼

■事業者様ご相談窓口

日本ストレス調査協会 本部事務局

0120-947-096

平日10時~17時(祝祭日除く)

ストレス調査協会のご案内

■協会概要

イメージキャラクター

ちぇっくん


■採用情報

■加盟団体

職業性ストレス簡易調査票の解説
ストレスチェック制度導入ガイド
日本ストレス調査協会は、”職場のいじめ・嫌がらせ問題の予防・解決に向けたポータルサイト「あかるい職場応援団」”に賛同します。
日本ストレス調査協会は「あしたの健保プロジェクト」に賛同します。