ストレスチェックのながれ

JSRAストレスチェック業務支援サービスをご利用時における、従業員様へのストレスチェック実施について詳しくご案内しています。ストレスチェック方法は用紙版(マークシート)、Web版(ストレスチェックシステム)をご用意しております。

用紙版・WEB版ストレスチェックの違い

用紙版(マークシート)

当協会にて従業員様ごとに氏名や所属部署名が記載されたストレス調査票を作成します。ストレスチェックに関するお知らせ書類(同封なしも選択可)と共に、プライバシー封筒に封入した状態で、本社(本部)様一括、または事業場別に発送致します。

WEB版(インターネット)

従業員様それぞれにストレスチェックアカウント、ログイン情報(ID・パスワード)の発行を行ないます。ログイン情報はメールにて個人様ごとに配信されます。


①ストレス調査票のご用意

設問に対する自身の状況を自記式で回答し、所属する拠点の実施事務従事者様宛て(又は実務担当者様)に提出して頂きます。実施事務従事者様は、提出された調査票をお取り纏め頂き、当協会宛てに発送頂きます。 

①アカウント発行・メール配信

当協会より各受検者様にログイン情報(ID・パスワード等)が掲載されたメールをお送りします。受検者様はログイン後、所定の画面でストレスチェックを受検頂きます。



②当協会による集計

送付頂いたストレス調査票は、厚生労働省職業性ストレス簡易調査票プログラムにより集計を行います。

②ストレスチェック結果の表示(通知)

受検完了後、ストレスチェック指針に沿った個人結果表(ストレスチェック結果)が表示されます。(法令により、この段階では高ストレス該当者に対する面接指導要否、申し出勧奨は行われません。)



③実施者様による「ストレスチェック結果確認」と「面接指導対象者選定」

  1. 実施媒体を問わず、ストレスチェック受検期間終了後に当協会で集計を実施し、実施者報告(ストレスチェック結果、およびストレスチェック指針に沿った高ストレス該当者一覧、および面接指導要否記入シート)を実施者様に郵送にてご報告致します。
  2. 実施者様には面接指導要否を所定の方法で当協会にご連絡頂きます。
  3. 当協会所属の実施者資格保有者が実施者となる場合は、当協会による集計に続き、結果確認、面接指導要否判定を実施します。

ご注意ください(面接指導申し出勧奨には事前の実施者による確認が必須です)

  • インターネットや自動プログラムをストレスチェックを用いた場合でも、実施者の確認を経ずに、自動的に高ストレス者=面接指導対象者として面接指導申し出勧奨を行なうことはストレスチェック指針により禁止されています。
  • このような方法を用いて実施されたストレスチェック制度は正しい方法と認められず、場合によっては今後、当局による指導、ストレスチェックのやり直しが課せられることが考えられます。外部機関選定時はご注意ください。
  • ご参考:ストレスチェック制度Q&A Q11-3

④実施事務従事者様への結果報告書作成

実施事務従事者様宛てに「面接指導対象者リスト」や「集団分析レポート『仕事のストレス判定図』」、受検者人数等を記載したご報告書を提出します。

※上記「面接指導対象者リスト」は、スムーズな面接指導申し出受付を目的に発行致します。同目的以外の利用、実施事務従事者様以外への情報展開はストレスチェック指針により禁止されております。


⑤個人結果表の返送

個人結果表(ストレスチェック結果)を個人毎に発行します。実施者の選定による面接指導対象者には、ストレスチェック結果の概要が記載された表紙でその旨が記載されます。

⑤面接指導申し出勧奨メールの発信

面接指導対象者には当協会よりメールにて通知を行います。面接指導希望者は、事業者内実施事務従事者様宛てに申し出を行ないます。



⑥実施事務従事者による面接指導申し出受付と手配、面接指導の実施

面接指導該当者からの申し出受付業務は、法令や指針に沿って事業者様内の実施事務従事者様にご担当をお願いしております。受付後は産業医様等との面接指導実施の手配をお願い致します。

※一部地域にて、2017年より面接指導サポートのご提供を開始しております。詳しくは資料のご請求をお願い致します。

資料請求・お問い合わせ


お問い合わせ

事業者様ご相談窓口

日本ストレス調査協会 本部事務局

0120-947-096

平日10時~17時(祝祭日除く)

イメージキャラクター

ちぇっくん


ストレス調査協会のご案内

■協会概要

■採用情報

■加盟団体

職業性ストレス簡易調査票の解説
ストレスチェック制度導入ガイド
日本ストレス調査協会は、”職場のいじめ・嫌がらせ問題の予防・解決に向けたポータルサイト「あかるい職場応援団」”に賛同します。
日本ストレス調査協会は「あしたの健保プロジェクト」に賛同します。