実施事務従事者様へのご報告

実施者様による結果確認後、通常3週間程度で、ストレスチェック受検者様への個人結果表と共に、実施事務従事者様に以下のご報告書を同封致します。当協会独自のご報告内容により、面接指導申し出受付や集団分析等、ストレスチェック後半もスムーズな進行をサポートさせて頂きます。

実施事務従事者様へのご報告内容(基本スケジュール:実施者確認後3週間以内)

1.面接指導対象者リスト

実施者様にてご確認とご了承を経た面接指導対象者リストをご提出します。実施事務従事者様が面接指導申し出をお受付される際、当リストを用いて申し出者が面接指導対象者かどうかの確認にご利用いただきます。

2.受検者数のご報告

労基署提出書類「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」作成に必要なストレスチェック機会を提供した従業員様数、および受検者数の結果をご報告致します。

3.集団分析報告書

職場全体のストレス状況や傾向を一覧化した「職場のストレス傾向診断」、および、職場や作業グループなどの集団を対象として仕事上の心理的なストレス要因(ストレッサー)を評価し従業員様のストレス反応や健康にどの程度影響を与えているかを判定するための「仕事のストレス判定図」をご提出致します。

  • 詳細は「集団分析報告書のご案内」をご覧ください。
  • 集団分析報告書は1グループ(部署ごとの分析等)まで標準料金内でご提出しております。

4. 同意済みストレスチェック結果

オプションによるストレスチェック結果取得同意アンケートご利用時は、事業者様の結果取得に同意された従業員様のストレスチェック結果(個人結果表)の写しをご提出致します。なお、同意の有無の取得は必ずしも実施しなければならないものではございません

資料請求・お問い合わせ


お問い合わせ

事業者様ご相談窓口

日本ストレス調査協会 本部事務局

0120-947-096

平日10時~17時(祝祭日除く)

イメージキャラクター

ちぇっくん


ストレス調査協会のご案内

■協会概要

■採用情報

■加盟団体

職業性ストレス簡易調査票の解説
ストレスチェック制度導入ガイド
日本ストレス調査協会は、”職場のいじめ・嫌がらせ問題の予防・解決に向けたポータルサイト「あかるい職場応援団」”に賛同します。
日本ストレス調査協会は「あしたの健保プロジェクト」に賛同します。